Life & Activity | 社会福祉法人恩賜財団東京都同胞援護会 さやま園
Life & Activity さやま園のくらし
We are - SAYAMA-EN
「いる」だけで、周りの人の五感を覚醒させる人がいます。
さやま園にもその才能を持っている方々が多くいらっしゃいます。
職員はその声に耳を澄ませ、彼らの行動の環境を整えます。
とっても小さな声なので、全身の神経を研ぎ澄まさないと時に聞き取る事ができません。
でも聞き取れた時には、当事者はもちろん関わった人みんなが、
とても幸せな気分になれます。
そして「する」という行動に結びつきます。
でも「する」は「いる」のおまけのようなものです。
「いる」って事が大事な気がします。
【さやま園の生活】
年間行事
春 ‐
還暦・春の集い
端午の節句
運動会
夏 ‐
さやま縁日・夏祭り
秋 ‐
さやま園祭
旅行
冬 ‐
クリスマス会
新年会・成人式
1日のスケジュール 
6:30
起床・洗面・着替え
7:50
朝食
9:00
朝の体操
9:30
日中活動
12:00
昼食
14:00
外出・入浴などグループ毎の活動
18:00
夕食
20:00
就床

Activity (日中活動)

いくつかの「場」

色取りどりに各々が違う活動です、でもどこかでつながっています
ここでは利用者のセルフエスティームが高まる日中活動に取り組んでいます。
その人の個性や感性が活かされる開放された空間で、風を感じたり、夢中で描いたり、ひとつひとつ形にしたり、
のんびりしたり、それぞれがもつ時間の流れを大切にしています。
あおぞら
~地域へのコミュニケーションと社会貢献~
うまく言葉にできなくても、人とつながりたい、
知ってもらいたい、だれかのお役にたちたい。
だから今日も地域にでていきます。
街に出かけ、牛乳パックやアルミ缶、ペットボトルキャップ回収も行います。
くれあ
~アートで社会とつながる~
わたしたちは自分の想いや感情をここで形にします。
そのツールが見る人と見る人をつなげます。
社会への『message』を見つけて下さい。
みつぼし
~創造をカタチにして人に伝える~
わたしたちが作った“食-food-”を通して、人との関わりを生み出します。
『おいしい』がわたしたちの価値になります。
ひだまり
~自分はどんなことができるのだろ プラスαの想い~
「やってみる」そんな日常と「できたんだ」そんな発見。
それぞれの想いに耳を傾けるとたくさんの声が聞こえます。
そんな声に笑顔のプラスαを添えます。

Life (生活)

暮らしだよ Yah! Yah! Yah!

みんな自宅で暮らしたい。でも様々な理由で、利用者さんはさやま園で暮らしています。
ならばせめて、少しでも快適に過ごしていただきたい。「あたりまえ」のことを「あたりまえ」に。
でもその「あたりまえ」ってのが意外に難しい。だから私たちは、考えます。
これは私だったらどうなの?と。「自分ごと」として考えます。
施設的尺度でなく、社会的尺度で考えます。

会話を楽しみながらの食事、ちょっと面倒くさいけど部屋の片付け、身だしなみにオシャレ、近所でのお買い物、
お昼寝に、お茶しながらの雑談、お風呂でのリラックスタイム、この「あたりまえ」の生活がかけがえのない時間。
さやま園は「あたりまえ」の感覚を大切に、日常生活のサポートをしています。

Accommodation (宿泊施設)

どんぐりの家で

山梨県明野村に、さやま園関係者が利用できる山荘、どんぐりの家があります。
どんぐりの家は、うしろに山ををしたがえ眼前には畑が広がる自然豊かなところです。
年に数回利用者さんはそこを訪れ、アウトドアライフ?を楽しみます。
みんなで収穫した大根をおでんにして食べたり、夏には屋外でバーベキュー、ときには虫の洗礼を受け、改めて自然の厳しさ感じたり、普段の生活では経験できないような体験をしています。